企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの勉強について

では具体的に企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの試験に向けてどういうことを学べばいいのでしょうか。企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの試験を受けるには、必ず財団法人職業技能振興会の准ケアストレスカウンセラーの認定講座を事前に受ける必要があります。またそれまでに准ケアストレスカウンセラーの経験があったり、同等の知識を持っていると財団から判断された時には、企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの認定試験対策講座を受講すれば、試験を受けることができます。

この企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの講座では、心とはどんなものか、心が病んでしまったり疲れてしまうとどうなってしまうのかということから学習が始まります。そしてストレスから解放するためにはどうしたらいいのか、心を上手く通わせるにはどういうことが必要なのかということを学んでいきます。

試験の内容は主に心理学の基礎知識や、精神医学の基礎知識、対人コミュニケーションに関する知識や技術、企業のメンタルヘルスやストレスマネジメントがあります。このどれもが企業中間管理職ケアストレスカウンセラーには必要なスキルになります。これらの知識を踏まえて実際にケアストレスのためのカウンセリングをしていくのです。

企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの資格講座は、通学ではなく通信講座の方が多いです。通信講座であれば仕事をしていたり、他にしなければいけないことがあったとしても、自分の都合のいい時間に勉強することができます。また、通信講座では教材がDVDです。DVDであれば講義を受けている感覚になるので通学講座となんら変わりませんし、忘れてしまった場合に何度でも繰り返し見ることができます。そして通信講座では、わからないことがあっても講師の方にいつでも質問することができます。質問する方法は郵便以外に、電話やファックス、メールなどがあります。ですから通信講座でも安心して勉強をしていくことができます。

おすすめ!企業中間管理職ケアストレスカウンセラー通信講座

財団法人職業技能振興会認定の企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの通信講座がおすすめです。
たのまなヒューマンアカデミーなら、受験資格である准ケアストレスカウンセラー講座もセットになっています。
まずは、資料請求(無料)して、講座申込みの検討材料にしましょう。



>>> 資料請求(無料)&お申込みはこちらへ