企業中間管理職ケアストレスカウンセラーを持っているとどのようなことができるのか

ケアストレスカウンセラーについてはストレスを過剰に抱えすぎている人や、ストレスによって精神面に支障をきたしてしまっている人に対して、専門的なアドバイスやカウンセリングを行うと言いました。ですから企業中間管理職ケアストレスカウンセラーになると、その相手は会社内の人ということになります。では、実際に企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの資格を取ると、どのようなことができるのでしょうか?

まずは社内でストレスを抱えている人、つまり職場内での部下が抱えている問題や不満を発見することがとても重要です。どうして部下なのかというと部下の人の方が、ストレスを抱えていることが多いからです。毎日一緒に働いていても外見からだけでは部下がどのようなことを考えているのかということはわかりません。ですから企業中間管理職ケアストレスカウンセラーという専門知識を持った人がその人の変化にいち早く気づくことが大事な仕事になります。

その他にも社内の部署ごとだけでなく、他の部署との関係なども円滑にすることが重要です。部署同士の連携が取れていないと、会社は上手く回っていかないので企業中間管理職ケアストレスカウンセラーが間に入って、上手く関係を築く潤滑油になることも大事な仕事になります。これは部署というチームだけでなくその中の個人においても同じです。

また社員一人一人のメンタルをチェックすることも大事です。あの人は最近仕事に対してモチベーションが落ちているなと思ったらアドバイスを送ることもありますし、明らかにメンタル面の不調から身体面まで支障をきたしてるという風に判断できる場合には、別に時間をとって個人的にカウンセリングをするなり、専門の病院を紹介することもあります。

さらに、会社というのは単体で仕事をしているわけではありません。必ず仕事相手、顧客がいて会社というのは成り立っています。そのため営業する時などにこのカウンセリング技術を応用することも可能です。

こうしてみると、企業中間管理職ケアストレスカウンセラーという資格は、様々なことに携われることがわかりますね。

おすすめ!企業中間管理職ケアストレスカウンセラー通信講座

財団法人職業技能振興会認定の企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの通信講座がおすすめです。
たのまなヒューマンアカデミーなら、受験資格である准ケアストレスカウンセラー講座もセットになっています。
まずは、資料請求(無料)して、講座申込みの検討材料にしましょう。



>>> 資料請求(無料)&お申込みはこちらへ