企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの資格の取り方

では企業中間管理職ケアストレスカウンセラーになりたい、勉強をしたいと思った場合、どのようにしたらいいのでしょうか。企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの資格は財団法人職業技能振興会が認定している資格になります。受験資格には、財団法人職業技能振興会で行っている准ケアストレスカウンセラーの対策講座を修了する必要があります。それ以外には、学歴などによる受験資格制限はありません。年齢が18歳以上であればどなたでも試験を受けることができます。そのため最近では会社員の方でも認定講座を受けて資格試験を受ける方が増えています。

試験は1年間の内4月・9月・12月の3回あります。試験会場は東京と、在宅でも試験を受けることができます。在宅試験を希望する時には願書の他に在宅希望という別途書類が必要になります。また在宅試験の場合はマークシートのテスト以外に小論文を提出する必要があります。ですが在宅でも試験を受けられるというのは、仕事をしている人でも気軽に受けることができるので会社員の方でも試験を受ける方が多いです。

試験を受けたいと思ったら願書を財団法人職業技能振興から取り寄せる必要があります。もしインターネットやパソコン環境がある場合には、財団法人職業技能振興のホームページから願書をダウンロードすることもできます。願書に必要なことを書き込んでから郵送にて提出します。そうしたら後日受験票が送られてきます。あと願書を提出する際には願書の書類だけでなく、必要な書類も添付する必要があります。具体的には、准ケアストレスカウンセラーの修了証書や企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの修了証書のコピーをまとめて一緒に送ります。

受験票が送られてきたら、受験期日と受験会場が間違っていないか確認します。また、それまでに受験料の払い込みも済ませておかなければいけません。そのあとは試験当日まで勉強をするだけになります。

おすすめ!企業中間管理職ケアストレスカウンセラー通信講座

財団法人職業技能振興会認定の企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの通信講座がおすすめです。
たのまなヒューマンアカデミーなら、受験資格である准ケアストレスカウンセラー講座もセットになっています。
まずは、資料請求(無料)して、講座申込みの検討材料にしましょう。



>>> 資料請求(無料)&お申込みはこちらへ