企業中間管理職ケアストレスカウンセラー以外のカウンセラー資格

カウンセラーというと最近では非常になじみのある言葉になってきたので、どういうことをするのか少しはわかると言う人が多いと思いますが、実際カウンセラーになろうと思った時には色々な資格や認定機関があります。カウンセラーといえば普通に肩書きとして使っている方が多いのですが、カウンセラーにも様々なタイプがあります。

まずは悩みごとなどの相談に応じてくれるカウンセラーです。傾聴という言い方をする場合もありますが、カウンセラーの方から直接アドバイスすることはなく、相手の話をじっくり聞くというやり方です。この場合のカウンセラーはそこまで特別な資格を持ってということはありません。民間のカウンセリング講座に通ったらできるようなことです。

それよりもより専門的になった場合は臨床心理士になります。臨床心理士の場合は国家資格になりますので、受験資格もハードルは高く、大学院まで通って初めて取得することができます。もちろん難関試験もありますし、資格取得のための実務経験も一定期間必要になります。臨床心理士の場合は、公共機関においてのカウンセリングや学校でスクールカウンセラーをするということが多いようです。

それ以外の資格には、産業カウンセラーというものがあります。産業カウンセラーというのは企業の中でメンタル面に問題を抱えている人のためのカウンセラーになります。最近では勉強して取得する人が増えています。他にも同じような形で企業内カウンセラーというものもありますが、こちらも産業カウンセラーと一緒で仕事や労働に関しての心理相談業務に従事する人です。ただ産業カウンセラーは民間の認定資格になりますので、取得しようと思った時には産業カウンセラーになるための講座に通って、難関試験に合格する必要があります。企業内カウンセラーは産業カウンセラーの資格を持っていても持っていなくても産業の分野で活動する心理カウンセラーの方々の総称ということになります。このようにカウンセラーと言ってもいろいろなタイプのカウンセラーがいます。

おすすめ!企業中間管理職ケアストレスカウンセラー通信講座

財団法人職業技能振興会認定の企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの通信講座がおすすめです。
たのまなヒューマンアカデミーなら、受験資格である准ケアストレスカウンセラー講座もセットになっています。
まずは、資料請求(無料)して、講座申込みの検討材料にしましょう。



>>> 資料請求(無料)&お申込みはこちらへ